本文へ移動
重量物の梱包
独自の技術で開発した重量物の梱包材。
木材に劣らず同等の強度を保つ事ができます。

重量物梱包

輸出用重量物の梱包は、燻蒸処理・リサイクルの面で、以前の木製から紙製ダンボールへ移行されるお客様が増えています。
圧延ロールや機械製品など、製品の形状に合わせ設計し、衝撃や破損に強い素材で製造致します。
木材と同等の強度の上、軽量化することができ、木箱の代わりとして使用される強化ダンボールの梱包材です。
梱包時、開梱時にかかる作業時間の短縮、輸送時のコスト削減、熱処理燻蒸処理の不要等、多くのメリットがあります。
輸出輸送だけでなく、国内輸送梱包材としても多く使用されています。

強化ダンボールのメリット ートータルなコストダウンー

 輸送時のコストダウン
 作業時間の短縮
木材と同等の強度を保ちつつ、重量は1/3から1/4になります。
国内輸送だけでなく海外輸送に対しても輸送費をかなり抑える事ができます。
梱包時、開梱時、必要最小限の人数で作業を行うことで、作業効率のアップにつながり、また作業時間等の短縮につながります。
 熱処理・燻蒸処理不要
 リサイクル可能
輸出梱包として木箱を使用する際は、熱処理燻蒸処理が必須です。
ダンボール製に変更する事で、そのまま輸出用梱包材として使用でき熱処理等の処理は一切必要ありません。
ダンボール梱包材を使用することで、1WAYとして使用するだけでなく、リユースして繰り返し使用する事も可能になります。